交通事故の被害者は弁護士に依頼を

交通事故の被害者となったら、特に重傷の場合は、弁護士に依頼することです。

重傷の場合は、相談料、着手金無料で引き受ける法律事務所がたくさんあります。

朝日新聞デジタルが今、話題になっています。

できれば事故直後から弁護士に依頼するのが望ましいのですが、被害者は入院している場合が多いですから、周囲の誰かが、法律事務所に出向いて相談することです。



交通事故は初期対応が肝心です。
交通事故の被害者が、事故直後からにしておかなければならないことは、非常に多いのです。


しかし、体の自由が利かず、それができないために、のちのちたいへんな不利益をこうむっている被害者は大勢います。交通事故の加害者はまず起訴されませんし、任意保険に加入していれば、任意保険会社の担当者が加害者の代理人となって、被害者に対応します。
任意保険会社は、いずれ加害者に代わって、被害者に賠償金を支払う当事者ですから、自社負担額を減らすために、事故直後から対策をしています。


被害者は交通事故については何もわからず、右往左往するしかない状況です。

しかも体の自由が利きません。事故関係の手続よりも、元の体に戻れるのかどうかということだけで、頭がいっぱいのはずです。そうした被害者が、賠償交渉で不利になるのを防ぐには、事故直後から、弁護士に相談することです。



そうすることで初めて、妥当な賠償がなされる可能性が出てきます。

弁護士が交渉に当たれば、妥当な賠償が得られますので、一人で交渉しようとはしないことです。